メディア

350.orgは、気候変動問題に取り組む世界規模の草の根的ムーブメントを行っている団体です。 私たちのオンラインでのキャンペーン、草の根運動の組織化、大規模な市民による行動は、188カ国以上で活動しているグローバルなネットワークで連携しています。

最新のプレスリリース

7月 6, 2017

【プレスリリース】 石炭を支援する三菱東京UFJ銀行とJICAの認証は緑の気候基金に対する風評リスクを惹起する

350logo

【プレスリリース】

石炭を支援する三菱東京UFJ銀行とJICAの認証は緑の気候基金に対する風評リスクを惹起する

2017年7月6日

  本日開催された、緑の気候基金(Green Climate Fund: GCF)理事会第17回会合(韓国松島)の二日目で、市民社会代表が三菱東京UFJ銀行(BTMU)と国際協力機構(JICA)のGCFへの認証機関申請の審議中に声明を発表しました。声明はGCF理事会に対し、両機関が化石燃料開発事業への投融資を行っているという事実に基づき、三菱東京UFJ銀行およびJICAの認証を承認しないよう強く求めました。

JICAは、2003~2017年(1)にかけて、インド、ベトナム、バングラデシュの石炭火力発電に対して、37億米ドル(約4180億円)もの資金支援を行ってきました三菱東京UFJ銀行の親会社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、2014~2016年の3年間(2)、推計で95.7億米ドル(約1兆円)を巨大な化石燃料企業へ融資しています。さらに、MUFGは、パリ協定が採択された後もなお、石炭火力発電関連企業への融資を、2015年の8億4500万米ドル(約955億円)から、2016年には21.6億米ドル(約2440億円)へと増額させており(3)、これは最もCO2排出量の多い石炭という燃料への貸付を156%も増やしたことを意味します。

世界の70を超える市民社会グループ(4)によって支持されたこの声明は、化石燃料開発に巨額の資金を提供している三菱東京UFJ銀行およびJICAの金融行動は「途上国の開発を、低炭素開発及び気候強靭性をもった開発にする・パラダイムシフトを促進させる」というGCFの目的に反すると主張しました。さらに、三菱東京UFJ銀行とJICAが認証機関になれば、気候変動防止を促進させる国際機関としてのGCFの評判に深刻なリスクを生じさせることになると忠告しました。

三菱東京UFJ銀行およびJICAの機関認証が審議される中、スウェーデンの委員が両機関の投資ポートフォリオの二酸化炭素排出量(カーボンフットプリント)に関する懸念を示しました。さらに、委員は理事会が以前、認証機関の二酸化炭素排出量を監督するように審議会に指示したことを挙げ、二酸化炭素排出を削減できているかを機関の認証の再査定を行うときに理事会は検討すべきだと述べました。会の副議長の前代未聞の措置によって、審議中の市民社会による発言は妨げられてしまい、GCF理事会は両機関の認証機関申請を承諾しました。

このGCF理事会の判断を受け、350.org Japan代表古野真は下記のコメントを発表しています:

「途上国の脱炭素化を支援・促進させるという目的を持つ国際機関が世界中の化石燃料開発に巨額の資金を提供している三菱東京UFJ銀行およびJICAのような機関を認証機関として承認したことは大変残念なことです。このような判断は世界が一致したパリ協定の目標と整合しません。少なくとも、GCFに認証されるすべての機関は、気候変動リスク情報および投資・融資先ポートフォリオにおける炭素排出量の開示、そして「パリ協定」で定まれた地球の気温上昇を1.5〜2度未満に抑える目標に整合した投融資方針の策定に向けた取り組みを明確にすることを最低限義務付けられるべきです。」

市民社会代表は引き続き、全てのGCF認証機関が炭素関連資産のリスク状況、「1.5~2℃未満」シナリオに沿うよう気候変動リスクに対応するための投資方針、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が勧告した、投資ポートフォリオを脱炭素化するための評価基準と目標を発表することを義務付けられるようにGCFへ働きかけていくと語っています。

(1) JACSES, List of Coal Power Plants funded by JBIC, NEXI and JICA (2003-2017)
(2) https://www.ran.org/banking_on_climate_change_2017
(3)  脚注2参照
(4) Notes to Editorsの部分に全団体を表記

###

ダウンロード先
・国際協力機構(JICA)と三菱東京UFJ銀行の緑の気候基金(GCF)認証に対する抗議声明:
http://world.350.org/ja/files/2017/07/JA_GCFJapaneseCSOstatement.pdf
・GCF理事会会場前アクションの写真:
https://drive.google.com/drive/folders/0BzOm8egPH8N8SVBoQU9uMkVFZG8?usp=sharing

お問合せ先
350.org Japan: 090-2183-2113, marie.tanao@350.org

Notes to Editors:

声明の賛同団体:

  1. 350.org Japan
  2. Friends of the Earth Japan
  3. Kiko Network
  4. Rainforest Action Network Japan
  5. Greenpeace Japan
  6. Japan Center for a Sustainable Environment and Society (JACSES)
  7. Japan Tropical Forest Action Network (JATAN)
  8. East Asia Environmental Information Center
  9. Asian Peoples’ Movement on Debt and Development (APMDD)
  10. Adivasi Mulvasi Astitva Raksha manch – India
  11. AKSI – Indonesia
  12. Alliance for Tax and Fiscal Justice – Nepal
  13. All Nepal Peasant’s Federation (ANPFa) – Nepal
  14. All Nepal Peasants Federation -Nepal
  15. All Nepal Womens Association -Nepal
  16. ARENA – Asia/Regional
  17. Bangladesh Krishok Federation -Bangladesh
  18. Bangladesh Jatiyo Sramik Jote -Bangladesh
  19. Bukluran ng Manggagawang Pilipino (BMP/Workers Solidarity) -Philippines
  20. Bulig Visayas – Philippines
  21. Campaign for Climate Justice -Nepal
  22. Center for Energy Ecology for Development (CEED) – Philippines
  23. Center for Environmental Justice, CEJ /Friends of the Earth – Sri Lanka
  24. Climate Watch –Thailand
  25. Community Development Library (CDL-Bangladesh)
  26. Debt Watch – Indonesia
  27. Environics  Trust – India
  28. EquityBD – Bangladesh
  29. Focus on the Global South –Asia/Regional
  30. Freedom from Debt Coalition (FDC) – Philippines
  31. GEFONT –Nepal
  32. Gitib -Philippines
  33. Himalaya Niti Abhiyan – India
  34. Human Rights Alliance – Nepal
  35. Indian Social Action Forum (INSAF) –India
  36. Institute for Essential Services Reforms (IESR) –Indonesia
  37. Jagaran Nepal
  38. Jatam – Indonesia
  39. Kalayaan –Pilipinas -Philippines
  40. Kerala Independent Fishworkers Federation – India
  41. Koalisi Anti Utang – Indonesia
  42. Koalisyong ng Pabahay ng Piipinas (KPP) -Philipines
  43. KRUHA – Peoples Right to Water Coaliton – Indonesia
  44. LDC Watch -Global
  45. Migrant Forum in Asia (MFA)
  46. Mines, minerals and People (mmP) – India
  47. Monitoring Sustainability of Globalisation – Malaysia
  48. Nadi Gati Morcha – India
  49. National Alliance Right to Food Networks – Nepal
  50. National Federation of Hawkers -Bangladesh
  51. National Federation of Hawkers – India
  52. National Federation of Women Hawkers- India
  53. National Women Peasants Association, Nepal
  54. Nepal Youth Peasants Association –Nepal
  55. Our Rivers Our Life – Philippines
  56. Pakistan Fisherfolk Forum (PFF) – Pakistan
  57. Pakistan Kissan Rabita Committee – Pakistan
  58. Philippine Movement for Climate Justice (PMCJ) –Philippines
  59. River Basin Friends – India
  60. Rural Reconstruction Nepal
  61. Sanlakas Philippines
  62. Sawit Watch – Indonesia
  63. SEAFISH for Justice – SEA/Regional
  64. Solidaritas Perempuan (Women) – Indonesia
  65. South Asian Alliance for Povery Eradication (SAAPE) –SA Regional
  66. South Asia Food Sovereignty Network –SA/ Regional
  67. South Asia Peasants Coalition –SA/Regional
  68. SUPRO – Bangladesh
  69. Task Force Detainees of the Philippines (TFDP) -Philippines
  70. Trade Union Policy Institute(TUPI) -Nepal
  71. Unnayan Onneshan -Bangladesh
  72. VOICE – Bangladesh
  73. Youth for Climate Justice ( Y4CJ) – Philippines