Posts: Page 4

メディア向け勉強会を開催!

6月6日、メディア向け勉強会を東京で開催。G20を前に、日本の金融機関が気候変動問題について果たす役割を議論しました。   勉強会では、環境と金融、ESG投資などの専門家が登壇。また、ダイベストメントキャンペーンについて企業の代表の方や、気候変動問題に関心の高い学生さんからコメントをいただき、質疑応答も活発に行われました。       「多くの日本の企業がTCFD提言に賛同したことは前向きに評価している。世界ではパラダイムシフトが起きている。欧米では、すでに脱炭素社会の実現へ向け競争を始めているが、日本はようやく動き始めたところだ」 後藤敏彦氏(サステナビリティ日本フォーラム代表理事)   「金融の脱炭素化が1.5℃目標の実現の中核だ。邦銀を代表する3大金融グループの気候変動対応は近年前進している一方で、最も排出量の多いかつ座礁資産化のリスクが高まる石炭火力発電事業への融資を継続する限り、取り組みが問われるだろう」 古野真(350.org シニアキャンペーナー)   「教育という側面からESG投資に取り組むことも重要。特に日本の学生は気候変動リスクなど社会課題に関する意識は高いが、これをどのように投資に生かすという金融リテラシーを高めていかなければならない」 引間雅史氏(上智大学特任教授) 「気候変動問題を考える上で世代の公平性という問題も重要。気候変動影響を最も受けるであろう若い人たちの声を聞くことが大切。財務大臣、日本銀行総裁、金融庁長官には、金融機関に対して、パリ協定に整合した金融の一刻も早い実現を促してもらいたい。」 渡辺瑛莉(350.org 日本キャンペーン担当) 「銀行には、手数料などの目先のメリットだけでなく、どんな形で、社会的・環境的・SDGs的に貢献し運用しているかをアピールしてほしい。逆に現状ではこんなところに投融資しているというマイナス面も公表してほしい。」 前田剛氏(株式会社チーム・オースリー代表取締役)

1.5℃フォトアクション!

  6月1日に、350 Japanのボランティアのみんなと共にG20財務大臣会合に向けてフォトアクションを行いました!  当日は20人が参加し、パリ協定の1.5℃目標を日傘を使った人文字で表現。この日も6月初旬にしてはとても暑い日でしたが、国籍も年齢も様々なメンバーが集まり、1.5度目標を守ることの重要性をアピールしました。  この写真はG20財務大臣会合前に『パリ協定1.5度目標を求める市民の声』として、学生366人(合計909人)分のダイベストメント宣言とともにみなさんの声を、財務大臣をはじめ、日本銀行総裁・金融庁長官・全国銀行協会・3メガバンクに提出することができました。6月6日に公開した350 Japanからのプレスリリースの際に使用させていただきました。       暑い中、皆さんご協力ありがとうございました!   関連記事: ・ ダイベストメント宣言、学生366人達成!(https://world.350.org/ja/divestment-pledge-366/) ・ メディア向け勉強会を開催!(https://world.350.org/ja/media-release-6-6/)

ダイベストメント宣言、学生366人達成!

    今週末に開催されるG20財務大臣・中央銀行総裁会議に向けて、今年3月から始まったダイベストメント宣言。6月5日、学生366人(合計909人)、推定預金額が22億4450万円に到達!!! みなさんの声を、財務大臣をはじめ、日本銀行総裁・金融庁長官・全国銀行協会・3メガバンクに提出することができました。   ダイベストメント宣言とは 預金先の銀行及び投資先の金融機関が、地球温暖化を促進するビジネスを支援し続ける場合、私・弊団体は2020年東京オリンピックまでに「地球にやさしい預け先」を選びます。 と宣言するものです。   短期間にも関わらず、またコミットメントの高い内容にも関わらず、大勢の方が署名をしてくださったことは、気候変動問題への関心の高さを示したと言えるでしょう。       特に若い人たちの署名数が伸びたこと(10代〜20代の署名が全体の50%)は、将来気候変動の影響を最も受けてしまう若者たちの間で、現状を何とかしなければという危機感が広がっているからだと思われます。   財務大臣、日本銀行総裁、金融庁長官や邦銀の皆さんには、このことを重く受け止め、パリ協定の1.5℃目標達成のために、一刻も早く具体的なアクションをとっていただきたいと思います。 6月1日には、350 Japanのボランティアのみんなと共にG20財務大臣に向けて1.5℃の重要性をアピールしました。   関連記事: