年間レポート

350 Japan┃2022年度┃アクション・キャンペーン一覧

Photo: ©Taishi Takahashi /350 Japan

【2022年6月】

SMBC株主提案

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)の株主総会が開催され、共同提案「気候変動対策方針の強化を求める株主提案」(第4号議案・第5号議案)を説明し、議決が行われました。
個人株主として共同提案に参加したクルー3名をはじめ350スタッフやその他の株主が、気候変動対策に関する多くの質問をすることで、「SMBCグループの気候変動対策のあり方」について疑問を投げかけました。
可決に必要な「3分の2以上」には届かなかったものの、賛成率は27.05%となり、脱炭素に向けて、国内外の投資家の支持が広がっていることを示す結果となりました。

プレスリリース

【2021年5月-2022年6月】

3大銀行への署名アクション

SMBCグループの株主総会の前日、日本の3大銀行(三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、)の各CEOに皆様からの署名を提出しました。「新規の化石燃料関連事業および森林破壊を伴う事業への資金提供を例外なくやめてください」等と求めるものです。
これまでに世界37以上の国と地域から201団体の賛同と、2115名の個人の賛同署名が寄せられました。この署名がSMBCグループへの株主提案の支持の広がりに貢献したと思います。

特設ホームページ

【2022年1-3月】

もしもしキャンペーン

350 Japanのボランティアや市民有志によって「もしもしキャンペーン」が行われました。市民が3メガバンクのカスタマーセンターに電話をかけ、「気候変動対策を強化してください」とお願いしました。

合計124人が電話アクションに参加し、銀行にとって気候変動が重要な課題であるということを伝えることができました。

特設ホームページ

【2022年6月】

COOL BANKキャンペーン

「COOL BANK(化石燃料産業への投融資が確認されていない銀行)」の最新リストを発表。リストに基づき、350ボランティアが市民向け講座を開催しました。3メガバンクが化石燃料産業に巨額の投融資を行っている実態を解説し、より環境負荷が少ない銀行「COOL BANK」へ口座を乗り換え、ダイベストメント報告をすることにより、3メガバンクの方針転換の後押しをしました。

特設ホームページ

【2022年6月】

CEOプレゼントアクション

350 Japanのボランティアが、小さな子どもを育児中の母親の手紙を添えて、3メガバンクのCEOに対して、石けんをモチーフにしたデザイン画を贈りました。このプレゼントは、「Wash Up Greenwash(化石燃料の『グリーンウォッシュ』から足を洗おう)」とのメッセージを込めたものです。トップが変われば組織は変わります。6月末の株主総会を前に、化石燃料から脱却し、気候危機のない平和な未来を望む声を届けました。

【2022年5-6月】

世界抗議アクション

350 JapanもメンバーであるNGO連合”Fossil Free Japan”によって呼びかけられた世界抗議アクションが開催。三井住友フィナンシャルグループは、化石燃料や森林破壊など気候危機につながる事業への投融資を続けています。この事実を重く受け止めた世界中の市民有志・環境団体が立ち上がり「化石燃料、森林破壊や人権侵害への支援の中止」を求めました。日本では、東京、香川、静岡。外国ではインドネシア、フィリピン、ケニア、オランダ、イギリス、米国などで開催され、多くの写真がSNSに投稿されました。

プレスリリース

350.org への寄付

私たちは、地球の生態系の保全と、将来世代がより安全で公正で心豊かに生きられる社会を目指しています。
多様な人びとが参加し、力を合わせることのできるムーブメント構築の活動は、 皆さまからの継続的なご支援に支えられています。
気候危機の解決のため、私たちの活動へのサポートをお願いします。

ご寄付はこちら