8月 8, 2016

民間金融機関の化石燃料および原発関連企業への投融資状況の 調査最新レポート発表

*English below*

<プレスリリース>

民間金融機関の化石燃料および原発関連企業への投融資状況の調査最新レポート発表

2016年8月8日
350.org Japan

 

 本日国際環境NGO 350.org日本支部は、オランダの研究機関「PROFUNDO」に委託した新たな調査報告書「民間金融機関の化石燃料および原発関連企業への投融資状況」を発表しました。
 昨年のパリ協定の合意を受けて、現在、再生可能エネルギーへの移行に向けた世界的な取り組みが進行しているにもかかわらず、日本の金融機関が化石燃料および原発関連企業に巨額の投融資を行っていたことが、この調査によって明らかになりました。 エネルギー分野の脱炭素化を目指す国際的な機運がますます高まる中、日本の金融界が行っているこのような投融資方針は世界と足並みが揃っていません。
 本調査では、日本の金融機関の化石燃料と原発関連企業への投融資状況を幅広く把握するため、金融機関持ち株会社137社(子会社も含め197社)を調査しました。 調査の結果、これらの企業への投融資などを行っている金融機関、そして行っていない金融機関を、それぞれ特定することができました。
 なお、本調査分析の対象はシンジケートローン、株式や債券の発行、株式や債券保有であります。 使用した金融データは、ブルームバーグとトンプソン・アイコン社のものです。 なお、直接金融を通じた投融資は、調査対象外となります。 直接金融に関するデータおよび情報は、公開されていません。
調査レポートの要旨は以下の通りです:
  • 2011年1月から2016年5月までの期間、61の親会社が化石燃料関連企業に融資や引受業務を行い、その総額はおよそ1,099億米ドルであったことが明らかになりました。 また2016年の時点で、親会社が保有する化石燃料関連企業の債券と株式の総額は、およそ190億ドルでした。
  • 一方、54の親会社が原発関連企業に融資や引受業務を行い、その総額はおよそ200億米ドルであったことも判明しました。 また2016年の時点で、54の親会社が保有する原発関連企業の債券と株式の総額は、およそ20億ドルでした。
また、今回の調査結果を元に、350.org Japanでは化石燃料と原発を支援していない日本の金融機関を特定し、応援する新たなキャンペーン”My Bank My Future”を年内に開始する予定です。 キャンペーンでは、持続可能な資産運用を行っている銀行を応援するため、「消費者」としてより正しい選択をしようと、化石燃料や原発増設と関連のある銀行に口座を持つ人々に呼びかけます。
<レポート(本文)>
報告書「民間金融機関の化石燃料および原発関連企業への投融資状況」:350.org/ja/my-bank-my-future-ja

 

お問い合わせ:
広報担当:棚尾真理絵
Tel:080-2183-2113
Email:marie.tanao@350.org

PRESS RELEASE — FOR IMMEDIATE RELEASE

August 8, 2016

Contact: Marie Tanao, +81-90-2183-2113, marie.tanao@350.org  

New report reveals Japanese financial institutions provided $USD 109.9 bn to fossil fuel and nuclear power companies over 5 years

TOKYO, JAPAN — A report produced by 350.org Japan exposed that Japanese financial institutions poured a massive sum of $USD109.9 billion into the fossil fuel and nuclear power sectors just between 2011-2016, in spite of a global energy transition towards renewable energy. The findings demonstrate how the Japanese financial services industry trails behind the global momentum toward decarbonizing the energy sector. 195 countries committed to take action to combat climate change at the Paris talks at the end of last year.
Shin Furuno, 350.org Japan Divestment Campaigner stated in regards to these findings, “Japanese financial institutions have a critical role to play in mitigating climate change by supporting the transition from unsustainable fossil fuels and nuclear power towards renewable solutions. However, our research has exposed the enormous sums of money Japanese financial institutions are feeding into sectors that accelerate climate change and perpetuate nuclear risk. Now is the time for Japanese institutions to get into step with the world and take climate risk into consideration in the investment decisions being taken.”
Furthermore 350.org Japan will launch a campaign later this year to identify fossil fuel and nuclear free financial institutions in Japan. To support banks that adopt sustainable investment policies, the campaign will encourage individuals to divest their personal accounts from banks related to fossil fuel and nuclear expansion.
The full report Energy Finance in Japan: Funding Climate Change and Nuclear Risk is available here: 350.org/ja/my-bank-my-future/
Summary of finds below:
Energy Finance in Japan: Funding Climate Change and Nuclear Risk, a report commissioned by 350.org looks into 137 parent companies of Japanese financial institutions (covering 197 subsidiaries) to provide a broad survey of Japanese financial institutions’ investment in companies in the fossil fuel and nuclear power industries. The research also identifies financial institutions that are effectively free of investments in these industries.
The report reveals that during the period January 2011 to May 2016, 61 parent companies provided loans and underwritings attributed to fossil fuels amounting to approximately $USD 109.9 billion. 68 parent companies held bonds and shares attributed to fossil fuels in May 2016 with a total combined value of approximately $USD19 billion.
Meanwhile, 54 parent companies provided loans and underwritings attributed to nuclear power amounted to approximately $USD20 billion. 54 parent companies held bonds and shares attributed to nuclear power in May 2016 with a total combined value of approximately $USD2 billion.
This research focuses on syndicated loans, share and bond issuances, bondholdings, and shareholdings. It uses financial data provided by Bloomberg and Thomson EIKON. It should be noted that this research does not cover financing through direct (i.e., bilateral) loans. Data and information on direct loans are not publicly available.
###