先日銀行に提出した「My Bank My Future宣言」署名に関するアップデートです!環境に配慮した銀行業務を求めて1000人以上の署名を9月22日に提出したのは三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、農林中央金庫の7行でした。回答状況は下記の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、農林中央金庫は書面にて要請書への回答を提供
  • 三井住友信託銀行は350 Japanとの会合を了承
  • ゆうちょ銀行は10月6日の期限を越してからの回答、りそな銀行は回答は無し

結論として、7行中6行より何等かの回答は得られましたが、要請事項に対する納得のいく回答を得ることはできませんでした各銀行からの回答一覧はこちらから


3大メガバンクからの回答には、環境や社会に配慮して国際的な原則や方針の採択および再生可能エネルギー事業への貸出などの取り組みについての説明がありました。その中で、三井住友フィナンシャル・グループからはパリ協定を踏まえた、金融機関としての気候変動に関する適切な情報開示について、現在対応を検討しているところです」という回答がありました。この動きには、大いに期待しています。

しかし、一方で350 Japanが昨年行った調査より提出先の7行は気候変動を加速させている化石燃料関連企業に巨額の投資・融資を行なっていることが明らかになっています。さらには、3大メガバンクは赤道原則を採択しているにも関わらず、甚大な人権侵害・環境破壊を引き起こしている米国の「ダコタ・アクセス・石油パイプライン(DAPL)」建設事業へ莫大な資金提供を行っています。

この署名提出を通じて、銀行に環境に配慮した投融資にコミットしてもらうためにはより一層アクションが必要だということがわかりました。

大手銀行に責任ある行動を促すため、350 Japanは11月6日より12月12日までに化石燃料や原発にお金の流していない「地球にやさしい銀行」にメインの預け先を乗り換えるダイベストメント・キャンペーン「レッツ・ダイベスト!」を実施します。

銀行からの回答結果について環境金融研究機構(RIEF)さん「環境NGO「350.org」。大手7金融機関の温暖化投融資等を問う質問への回答を公表。三井住友銀行は「気候変動の情報開示を検討中」と回答。りそな、ゆうちょは無回答(RIEF)」とSustainable Japanさん「【日本】350 Japan、国内大手7銀行に対し気候変動対応を要請。5行からの回答を公表」に記事化していただきました!こちらをぜひシェアしてください!

今月下旬に「レッツ・ダイベスト!」月間に関する詳しい情報をお送りしますので、集うご期待を!

350 Japanチーム

 

sigh