350 Japan
ダイベストメント道場

 

次世代のダイベストメントリーダーの育成を目的とした、2日間の「ダイベストメント道場」を3月24・25日に開催します!

気候変動の基礎的な科学や第一線での被害、ダイベストメント運動が広まる経済的背景や今後の未来、有効なメディア戦略の立て方や日本における再エネ普及や障害など、それらの分野のプロフェッショナルから、宿泊型セミナー形式でアクティブに学ぶ二日間になります。

 


▼ワークショップのご案内

 

【日時】

2018年3月24・25日(土・日)

10:00~18:30

※宿泊型のセミナーですので、2日間参加可能な方を優先して選抜する場合があります。当日は宿泊に必要な荷物を各自お持ちください。(24日の夕食、25日の朝食付)どうしても宿泊ができない場合はご相談ください。

 

【場所】

多摩スポーツセンター(東京都多摩市) 〒206-0003 多摩市東寺方647

http://www.shakai-sc.or.jp/tamasc/

■ 京王線聖蹟桜ヶ丘から 京王バス9番乗り場より『多摩南部地域病院』行きに乗車 『落川』バス停で下車徒歩1分

■ 京王線・小田急線・多摩都市モノレール 多摩センター駅から 京王バス5番乗り場より『聖蹟桜ヶ丘駅』行きに乗車 (約15分) 『総合体育館入口』バス停で下車徒歩1分

 

  【参加費】

学生:4000円

社会人:5000円

 

 【申し込み】

こちらの参加登録フォームよりお申し込み下さい。(締め切り:2月24日(土))

※今回のワークショップは定員が限られているため、審査有りの申し込み制になります。詳細が決まり追ってご連絡致します。

 

【プログラム(仮)】

1日目

第1部:気候変動の基礎

基調講演 by 地球環境研究センター(気候変動リスク評価研究室)室長 江守正多

第2部:気候変動の最前線

島嶼国における気候変動被害

by 350 Japan清水イアン・田村さとし

東南アジアでの石炭開発の実態

by FOE Japan 深草あゆみx350 Japan 古野シン

気候変動による日本への影響

by 海洋研究開発機構 (気候変動適応技術開発プロジェクトチーム) プロジェクト長 石川洋一

第3部:気候変動イベント計画グループワーク

第4部:350 のセオリー・オブ・チェンジ

by 350 Japan 清水イアン

第5部:セオリー・オブ・チェンジ Part II

ダイベストメントの基礎

by 350 Japan 古野シン

アート x アクティビズム

by フリーライター・アミール・バッゲリ

社会変革におけるメディアの役割

TBD

2日目

第1部:気候変動の政治的側面

by 気候ネットワーク 東京事務所長 桃井貴子

第2部:気候変動の経済的側面

ダイベストメントの経済的側面

by 株式会社ニューラル代表 夫馬賢治

再エネ普及への希望と障害

by 環境エネルギー政策研究所ISEP主席研究員 松原弘直

第3部:ダイベストメント・ピッチコンテスト

第4部:レッツ、ダイベスト!キャンペーンと日本におけるダイベストメント運動

by 350 Japan

 

 

【定員】

25名

 

【問い合わせ】

350 Japan

Phone: 03-3230-7600

E-mail: 350japan@gmail.com

Website: www.350.org/ja

【申し込み方法】

以下の参加申し込みフォームよりお申し込み下さい。(締め切り:3月1日(木))

https://goo.gl/forms/TSgTHAZ9G9NpNYn13

*今回のワークショップは定員が限られているため、審査有りの申し込み制になります。詳細が決まり追ってご連絡致します。


SNSでシェアする↓

      

【レッツ、ダイベスト!】ホームページへ